女性ホルモンはサプリで増やす?摂取したい成分は何?

NO IMAGE

女性の美容と健康に重要な女性ホルモンですが、ピークである20代から30代前半を過ぎると、加齢とともに徐々に分泌量が低下してしまうのは生理的に仕方のないことです。年齢による衰えを感じたら、栄養バランスの取れた食事や質の良い睡眠といった正しい生活習慣に気を付けましょう。生活習慣の改善プラスアルファ、女性ホルモンを増やすために積極的に取りたいサプリとその成分を紹介します。

女性ホルモンを増やすのに効果的なサプリと成分は?

女性ホルモンには卵巣から分泌される「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類があります。「エストロゲン」は肌や髪のうるおいを保ったり、女性特有の丸みを帯びた体型をつくったり、また自律神経など脳に働きかける作用もあるので、女性の心身に大きな影響力を持つ特徴があります。

一方「プロゲステロン」は受精卵の着床のために子宮内膜を整えたり、基礎体温を調整したり、乳腺を発達させたり、妊娠する体つくりに大きな役割を担っています。それでは女性の健康な体つくりに必要不可欠な「エストロゲン」と「プロゲステロン」は、どういった栄養素を摂取すれば維持することが出来るのでしょうか。

女性ホルモンと似た働きをすると昔からよく知られているのは、味噌や納豆や豆腐に含まれる「大豆イソフラボン」です。「エストロゲン」と化学構造が似ているのがその理由で、40代後半から50代の閉経前後女性が感じる「イライラ」「不安感」「急な汗」といった症状を軽減させるのに効果的です。「大豆イソフラボン」の「ダイゼイン」という成分が腸内細菌によって代謝され「エクオール」という新たな成分に変換されます。

この「エクオール」が分泌量の低下した女性ホルモンの補助的な役割として働きかけるわけです。しかし近年研究が進み、「エクオール」を生み出すために必要な腸内細菌の有無は、子どもに頃に決まってしまうため、大人になってから持つことは出来ず、日本人の場合2人に1人しか「エクオール」を作れないことがわかりました。

そのため女性ホルモンを増やす「エクオール」は大豆食品などの食事だけでなくサプリメントで摂取する必要があるのです。この他にも美容や健康に良い「ザクロ」は、ビタミンC、アミノ酸、ポリフェノールが豊富で「エストロン」という「エストロゲン」に似た作用のある成分をもっていると広く知られています。ただし含まれる「エストロン」は微量なので成分を抽出したサプリメントで摂取した方がより効果的でしょう。

女性ホルモンを上手にコントロールするには?

閉経前後の40代後半から50代女性が多く悩まされている「イライラ」「不安感」などの心身の急激な変化を「ゆらぎ期」と言うそうです。「バランスの良い食事」「良質な睡眠」「ストレスをためない生活」「適度な運動」といった健康的な生活に努めて、プラスアルファ効果的なサプリメントを服用し、年齢と共に分泌量が低下する女性ホルモンを上手にコントロールしましょう。

女性ホルモンカテゴリの最新記事