女性ホルモンが増えることで期待できる効果とは

女性ホルモンが増えることで期待できる効果とは

年齢を重ねるに連れて減少してしまう女性ホルモンですが、女性ホルモンは女性の体の中で様々な働きをしています。目に見えるものではないので、女性ホルモンがどれくらい女性にとって大切なものか理解するのは難しいですが、ここでは女性ホルモンの働きや女性ホルモンが増えることによって得られる効果について紹介します。

女性らしさを生み出すだけではなく健康面でも重要

女性ホルモンと一口に言っても2種類のものがあります。その2種類とは「エストロゲン」と「プロゲステロン」です。エストロゲンは、卵胞から分泌される女性ホルモンで、受精卵を正常に着床させるために子宮内膜を厚くする働きがあるものです。また、乳房を大きく発達させる働きや、自律神経のバランスや骨を丈夫にする効果などがあります。プロゲステロンは妊娠をサポートし、子宮環境を健全に保つ働きがある女性ホルモンで正常な月経の周期を保つために欠かせないものです。

この様に女性ホルモンは妊娠など女性らしい働きのために存在しているものですが、当然加齢とともに減少してしまいます。40代を過ぎるとその減少は激しくなり、様々な体調不良などを引き起こしますがこれが更年期障害と呼ばれるものです。

更年期障害の代表的な症状であるホットフラッシュと呼ばれるのぼせや原因不明のイライラなどは、女性ホルモンが減少することで起こる自律神経のバランスが崩れた状態によるものです。また、骨粗鬆症も女性ホルモンによって行われていた骨を守る働きとカルシウムの吸収のサポート機能が衰えたことにより生じてしまいます。他にも、女性ホルモンが減ることで動脈硬化のリスクなど健康面での悪影響が考えられるのです。

女性ホルモンは注射などで補給することも出来ますが、手軽な方法としては女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを食事やサプリメントで摂取するというものがあります。

女性ホルモンが増加することによって更年期障害や骨粗鬆症、動脈硬化などのリスクを下げられるだけではなく美容面にも多大な効果が期待できるのです。エストロゲンはコラーゲンやヒアルロン酸の合成をサポートする作用がありますのでハリのある肌を保つことが出来ますし、美しい髪や乾燥などを防いでくれる効果も期待できます。また、若い女性等の場合、女性ホルモンには丸みを帯びた女性らしい体を作る働きがあるので、バストアップなどを期待する人も多いです。

女性ホルモンの効果

女性ホルモンは女性の体の機能を維持したり、女性らしい体を作る女性には必要不可欠な存在ですが、加齢とともに分泌量は減っていってしまいます。女性ホルモンの分泌を自分でコントロールすることは難しいので、サプリメントや食事などで大豆イソフラボンを摂取して対策する方法が一般的です。女性ホルモンを補うことで健康や美容など様々な効果が期待できます。

女性ホルモンカテゴリの最新記事