台湾旅行現地通訳・ガイド派遣センター » はじめに

はじめに

台湾現地通訳・ガイド派遣センターは私・日本人の峰 崎山が運営するフリー(自由)台湾散策コースをお求めのお客様にお応えすることを目標にした台湾政府国家資格を持った在台湾・通訳=ガイドを派遣するセンターです。料金(0900-1700時間・通訳は$1万元=¥2.7万円弱/ガイドは$5千元=¥1.35弱)が人数にかかわらずの目安です。車手配は海外保険がある専用車(8人乗りワーゲン=ドイツ製)で固定運転手です。格安の台湾旅行三日行って四日寝込むを排除した心と体のリフレッシュな旅をお手伝いさせていただきます
営業項目:
1.台湾国内ガイド(旅行社が案内しない現地庶民の生活世界を含めてお客様の希望のコースを案内します)
2.通訳業務(取引業務の専門用語を屈指した内容の通訳を含めてご案内いたします)

**成形-プレス金型機構設計、電子回路、音響スピーカー、リモコン回路、半導体設備、
医療薬品・化学薬品、生物化学、航空機材、造船・海運ロジステック、食品、軍事品等々***

3.貿易代行業務(台湾・中国からの商取引の連絡・輸出・輸入の代行を致します)
4.来台湾者の飛行場から市内交通機関・ホテルまでの出迎え、送迎を致します。
5.日帰り台湾中部、南部観光旅行 (業務通訳も含む)

①台北 ←→ 台中・日月譚観光(海抜三百メートルの湖畔巡りや紹興酒工場見学)
②台北→台南(清朝時代の古都)→高雄(台湾第二の都市、フェリーで離島巡り)→台北
③台北→花連(大理石のタロコ渓谷とヒスイ工場見学)→台北
④台北→高雄→花蓮→台北(二泊三日の台湾一周旅行)又は逆周り
*目的地での宿泊予約はお客様とご相談の上で決定がよろしいと思います
大体目安で一泊$2500(¥7500=ツイン・ルーム)です。
交通費はお客様の実費支払いです。
参考:台北→高雄(350キロ 90分 新幹線 $2200=¥5700前後 クレジット支払い可能)

6.二泊三日=電車+バス+タクシー利用のガイド同行の田舎の旅=客家族村 又は原住民村をノンビリぶらぶらひがな一日を楽しむ旅=ガイド費$5000/日を友達の数で分担すれば安く出来ます。宿泊宿は民宿=皆さんで一部屋合宿気分の旅を楽しめます。


こんにちは! 通訳・ガイドセンタースタッフの郭です。
台湾は世界で一番親日的な国民が住んでいる場所です。
今回の東関東大震災でも義捐金の額で僅か2300万人しか住んでいない国ですが、3億人が住んでいるアメリカと同じ金額の100億円もの義捐金を贈った程の親日、治安良好、食の天国の国です。
しかも、日本より二時間ちょっとで来れる距離にあります。是非、皆さんの日々の生活の息抜きの場として気軽に台湾にお越しください。
私どもベテラン通訳・ガイドが皆さんが旅行会社コースでは味わえない、未体験の新しい台湾をご紹介いたします。

*通訳・ガイド派遣センターは政府観光局の国家試験合格ライセンス=外国人の合格率は2%の難関試験合格者の集まりです。そのライセンスと永久居留証をもった日本人ガイドの集まりの通訳・ガイド達をスタッフにしたセンターです。

こんにちは! Hpを通じて皆様にお会いできます幸を感謝いたします。

長年台湾での日本人ビジネス=通訳や観光=ガイドのご案内をしてきました。

その間に感じた日本と台湾の旅行会社の手配の「ひずみ」に疑問を持ち続けてきたのが私どもが運営する「日本人通訳・ガイド派遣センター」です。

「ひずみ」とは旅行費用の破壊価格により旅行会社は団費(手数料)がとれずに受注するのでその損失穴埋めに半ば強制的にお客を民芸品店に押し込む旅行規約を定めて下ります。台湾に来られるお客様はビジネス・観光にしてもリピーターが主体ですのでこの「ひずみ」を取り除いたお客様のご希望本意の自由行程を提供するのが私達センターの目的として下ります。

是非この機会に一言お声を掛けてください。

本当の台湾人の生活空間(実際の生活状況、お買い物雑貨店、美容サロン、地元カラオケ倶楽部等など)旅行案内書の掛かれた内容のその裏に一歩踏み込んでご案内できます。

*センターの運営の趣旨:価格破壊と円高(平成22年度の為替120円/$が平成23年度には80円台と三割以上も日本円が強くなった)により今や来台湾の旅費は航空代金、ホテル、観光バス、食事、ガイド料金を含めて一日7000円となってしまいました。
これでは、台湾側旅行会社は赤字の受注です。この赤字を補填するためには、お客様を半強制的に土産店、格安のレストランに案内してリベートを赤字の補填にしてます。当センターは台湾側旅行社のこの無理なコースの間隙に的を絞り、お客様が心から安心と希望するお客様本位の満足を提供できるコースをご案内しょうとするものです。