台湾旅行現地通訳・ガイド派遣センター » 飛蚊症治療inTaiwanTaipei=日本健康保険請求要領の指導いたします

飛蚊症治療inTaiwanTaipei=日本健康保険請求要領の指導いたします

CIMG5729レーザー治療中Small-01CIMG5723 今回日本からの飛蚊症治療で当センターに通訳依頼の仕事が入りました。それを機会に日本を始めとして世界中で沢山の人々が自国での治療がないことえの悩みを知りました。
今回のお客様は日本で電脳ソフト開発の仕事に従事している山田静子さん(仮名)でした。四十才代半ばの方で仕事はばりばり出来る自立タイプの方でした。その方の来台湾治療の動機はアメリカでの治療では日数+費用(渡航費+通訳費+交通費+手術費+ホテル代金+其の他)の準備で一回の治療に100万円は用意する必要があるのに比べて飛行機で二時間近くで来れる台湾・台北での治療には日本円で30万円も掛からないとの試算の下、思い切って来台湾し台北で治療を受けた次第でした。結果は大上々、もう直らないならば自殺までと一時は追い込まれた心の悩みがうその様に消えたと大喜びでした。この山田さんの治療日程は通算で10日間の時間を取り一回のレーザー照射手術2時間前後で中一日目の疲労回復のリズムでした。費用は片目$6000+通訳費$5000(当方センター費用)でした。手術の翌日は診察(診察費$800+通訳$4000=治療無し又はホテルで静養の時の待機費用)でした。治療に通っている間にも台湾以外の国=エジプト+シンガポール+中国=重慶+日本と皆自国では病気と認めてくれず医師も治療の対象にならないと突き放されて精神的深く落ち込んで最後の望みを託して来台湾してきたとの背景を患者さん達との待合時間に知りました。
ここに治療の様子をご本人の了解を得ましたので掲載いたします。
仔細の問い合わせは当方台湾旅行現地通訳・ガイド派遣センターまで、、、①日本帰国後の健康保険請求書類作成要領の指導実績があります。②実治療体験の患者さんとのコンタクトをご希望でしたら連絡を取れます。③クリニックとお泊り希望ホテル=¥5-6000円/日朝食付きとの予約代行をいたします④治療患者さんへの24時間連絡対応を致して下ります=治療後のホテルでの静養中での立眩みや痛みにアテンドできる体勢が大切です=クリニックは致して下りません故。

祭武甫眼科診察所は診察の対応が早いことと当方台湾旅行現地通訳・ガイド派遣センターとのマッチングがよいタッチです。子細はリンク先をこらんになってください。http://kensyounon.blog.fc2.com/blog-entry-16.html