台湾旅行現地通訳・ガイド派遣センター » 安物買いのビジネスチャンスの銭失い=物産展示販売出店

安物買いのビジネスチャンスの銭失い=物産展示販売出店

 最近の通訳依頼への見積もり と その結果のお話です。しばしば あるのですが 日本の地方都市から台湾のデパート販売コーナーを借りての地元の農海産物の紹介と販路開拓の為に通訳を兼ねたマネキン手配の依頼が来ます。当センターではこの方面の専門経験者=日本語と中国語の専門通訳の手配と見積もりをだしますが、多くの依頼元は通訳費が高いとの理由でデバーとが紹介した日本語系学生アルバイトを利用するケースです。結論は「安物買いのビジネスチャンス失い」=産品紹介の不成功が毎回の様子です。将来の何百万円もの取引の為に高い運送費と担当職員を台湾によこしながら肝心要の言葉の通訳を「格安の世間事情知らず」の片言の日本語通訳として学生アルバイトをデパート側から紹介され、即、鵜呑みにして「これは便利」口車に乗ってしまい結果は不成功=これまで継続で台湾に進出できた出店は見たことがない=です。もう一つの原因は日本側の出店担当者もサラリーマンであり自分の月給金額以上の投資の元金としてこれだけは掛かるとの判断が出来ないことに原因があると思います。以上参考まで!

2017/03/18