台湾旅行現地通訳・ガイド派遣センター » 中正記念堂

中正記念堂

中正記念堂

台湾国民は大きくわけてと本省人に分かれている。(外省人=日本が台湾の領有権を放棄した1945年以降、中国大陸から渡ってきた人々と本省人=1600年、日本では関が原の戦いが終えた頃から福建省を中心に台湾に移民をしてきた人々)。この人々との間で起きた内乱(228事件=1947年2月28日)を境に外省人に対する本省人の排斥感情が今でも存在している。その排斥感情に対する外省人の心の拠りどころとして、外省人の指導者であった蒋介石総統の業績を称えた記念堂。

台湾人の気持ち(本省人)は忌まわしいこの場所を更地にしたいが本音。「外省人は台湾から出て行け~!」の声が未だに残っている戦前は日本陸軍歩兵第三連隊と野砲部隊の駐屯地。今でも残っている言葉に「犬=日本人が去って、豚=中国大陸人が来た。意味は日本人はガミガミ規則を守れと言うが、悪いことはしなかった。豚は汚職と言う食べ物を食べても、食べても、まだ満足しない」が生きている。

2011/01/19