サイクリングコース=お薦めコース

台湾=台北龍山登山協会月例=隆嶺古道行程に参加して!

*来台湾お薦めしたいサイクリングコース

8月6日 日曜日 日台合同 で主題の登山コースに参加しました。気温はすでに38度近くと うなぎ上りの上昇と快晴の一日の始まりでした。日本では 台風5号が接近とかである逆に台湾は先週8+9+10がやって来たといった天候の下での登山行程でした。

登山ハイキングは 55年前に一度尾瀬湿原のコースに参加して山歩きの厳しさにこりごりした経験から

以来登山を避けて今日まで来てました。私自身は運動が大好きなのですが基本は平地で体調に合わせていつでも棄権できる範囲をぐるぐる回る平地での運動が主+主なのです!今回の行程に参加したのはいいのですが全行程6時間で福隆海水浴場駅前=台北から急行=自強号電車で70分の時間距離の太平洋海岸岬を歩行のコースでした。出発から二時間過ぎた竹林道を登坂の途中で隊長が道に迷った様子を示し後続が「安全の為に戻った方が良い」との声があがり、私達参加四人(男2+女2)も是幸いと元のコース下山しました。それにしても台湾の山道は南方ジャングルに近い様子であり地盤は軟弱で滑りやすく、おまけに、伐採放置された竹林道で走行道にそって伐採された竹が放置されていので足元がつるつる滑る場所が多かった。既に登り行程で二時間だつたので下山行程でも一時間程度は要する登歩でした。登り時には目に入らなかった途中の景観が目に付く様になるとともに両足太もも内側の筋がつり出し、痛みが益々強くなり始めました。そんな此方の事情にお構いなく連れのもう一組のミスTが天候も良いので福隆海水浴場海岸から亀山島方向(延長沖合いには与那国島)まで自転車専用道路コースは絶景なのでレンタル自転車走行してみる価値が十分あるとの強い勧めに従いこのコースに切り替えとなりました。ところが私の筋のつり具合が益々激しくなりベタルを踏むどころでない体調の為同行のMsKellyが運転する二人乗り電動自転車を借り出しました。三時間=台湾$500です。私は彼女がこぐ電動自転車に筋肉筋の激しい痛みを堪えながら後部座席にのりました。他の仲間の二人はこのコースになれており足こぎ自転車をそれぞれが一台ずつ借り合計三台で海岸沿線の走行スタートとなりました。始めて乗った電動自転車の速さと便利さに正直驚きました。ペタルをこぐのは多少の登坂だけで平地での走行時速は30キロ前後もあり、更に、台湾の道路交通インフラには自転車専用道路が台湾全島1200キロにめぐらされており二キロ前後毎に水洗トイレ設備の休憩施設が完備されていることを初めて知りました。サイクリング道は車の国道より海岸に一段下がったコースとなっているのでこれまで車でしか走行したことがない道のこのコースに景観の良い場所がこんなにあると言う事を昨日まで知りませんでした。海岸サイクリングの予定コースは脚踏みペタルのMsTの勧めて片道二時間程南に下った場所に戦前日本人技師が中心となって開通させたトンネルが今はサイクリングーコースに組み決まれているのでそこの場所を紹介しますとのことになった。スタートしてMsKellyの運転する電動自転車の後部座席でふらふら運転の彼女の走行にハラハラしながらもデジカメを片手に写真を取り出しました。強烈な日差しの下、真っ青な空と強い海風のさわやかさに全身から溢れ出る汗を吸い込んだタオルを両手で絞り出し、又、首に巻きつけての走行でした。今回初めて知った戦前の在台湾日本人の業績を称える石碑と鉄道トンネル=今は廃坑となりサイクリング専用コース=でした。 EOM

               

2017/08/07