台湾旅行現地通訳・ガイド派遣センター » hotnews

hotnews

台湾 B級美食店シリーズ01

来台湾旅行者各位においおいここにご紹介していこうと思います。衛生的+美食のお店です。皆さん士林夜市=雑貨品が中心 又は 寧夏夜市=屋台の軒並みが中心で食事したいといいますが、在台湾47年の我が家は先ず士林夜市=での食事は 極力避けております。理由=中華料理の主材料の油は残飯+廃油の再生利用が多く、更に、食材の野菜類は市場で捨てられたゴミ野菜を業者が集めて再生していることがしばしばニュースで取り上げられております。この様な食事類は身体の肝臓癌などの病気の温床となっております。特に「食べ放題=二時間」などのレストランなども我が家は足を遠のけて下ります。 EOM

sml01sml02sml05sml03sml04sml07sml06

2017/04/16
台湾での動物保護法律は 日本より先進国

4月12日 台湾 自由時報に掲載の記事をご紹介します。

①動物虐待者には 最高二年の禁錮刑+三百万円前後の罰金

②虐待告発者には罰金額の半額支給③動物の不法 とさつ =殺傷者も 厳罰の対象

④愛犬散策にも 飼い主が自転車 バイクで、犬が紐で牽引も罰則の 対象

誠に 心地 よい 法律で~す

sml-ProtectAnimal-01

2017/04/13
安物買いのビジネスチャンスの銭失い=物産展示販売出店

 最近の通訳依頼への見積もり と その結果のお話です。しばしば あるのですが 日本の地方都市から台湾のデパート販売コーナーを借りての地元の農海産物の紹介と販路開拓の為に通訳を兼ねたマネキン手配の依頼が来ます。当センターではこの方面の専門経験者=日本語と中国語の専門通訳の手配と見積もりをだしますが、多くの依頼元は通訳費が高いとの理由でデバーとが紹介した日本語系学生アルバイトを利用するケースです。結論は「安物買いのビジネスチャンス失い」=産品紹介の不成功が毎回の様子です。将来の何百万円もの取引の為に高い運送費と担当職員を台湾によこしながら肝心要の言葉の通訳を「格安の世間事情知らず」の片言の日本語通訳として学生アルバイトをデパート側から紹介され、即、鵜呑みにして「これは便利」口車に乗ってしまい結果は不成功=これまで継続で台湾に進出できた出店は見たことがない=です。もう一つの原因は日本側の出店担当者もサラリーマンであり自分の月給金額以上の投資の元金としてこれだけは掛かるとの判断が出来ないことに原因があると思います。以上参考まで!

2017/03/18
レタス栽培の村=長野県・川上村から台湾・南部の雲林県レタス栽培地表敬訪問

山崎さん、台湾では主人達のグループが大変お世話になりました。昨夜無事に羽田空港につき、東京で一晩泊まって今日の夕方帰ってきました。
1週間暴飲暴食して、もう粗食でいいと言い珍しくお酒も飲まず早々と寝てしまいました。お食事も大変美味しかったらしいです。
私も早速、今夜は15年ものの紹興酒を美味しくいただきました。^_^
養膚膏も明日、頼まれた人に配ります。私の分もこれで3年はあるでしょう。
ありがとうございました。杉原敦子

今回は総勢13名=春から夏+秋にレタス中心に栽培=出荷し残り半年は寝て暮らす効率重視の行き方の村民の方々をご案内しました。

sml-02sml-01img932YoufuCataloge-01

 

 

 

 

 

***養膚膏 お申込みは 当センターで取り扱っております。

2017/02/25
新路線=台北←→桃園飛行場の首都モノレール試乗りの様子

 2017年2月から始まった台北←→桃園机場=飛行場を結ぶ新しい交通機関として従来のリムジン高速バスとの競合路線が開通しました。2月一杯は無料試乗期間の為多数+多数の市民が整理券を貰って乗車でした。私はその列を嫌い本日=2/24金曜日 早朝八時前後の時間に試乗を試みました。何と、全く待たずにすんなり乗車が出来ました。宵っ張りの朝寝坊の台北市民の性格の間隙を突いた時間帯でラッキーでした。電車の発車から桃園机場まで途中駅を飛ばした快速電車時間でもありましたが所要時間は30分前後掛かった次第です。桃園机場=飛行場まで行きそこで第二ターミナル出迎え口まで足を運びました。駅の出口と出迎え口=ロビーとは隣接されておりB-2から1階ロビーまですんなりでれました。距離としは60メートルくらいです。逆に 台北駅Mrt改札口から桃園行Mrtに出るには歩く+歩く+更に歩くの距離は500メートルはあるのではと感じる遠い距離でした=一駅位は歩いた感じです=旅行トランク持参でしたら「乗る前にくたくた。もう沢山、リムジンバスか 新幹線にする~!」と口に出したい程の距離でした。帰りはもう乗りたくなく桃園机場から先の桃園新幹線駅までMrt乗り継ぎ=車内の椅子が進行方向に合わせた横向き車両=急に田舎ぽくダッサくなった。****個人的感想としては「新幹線利用が時間も早くゆれも少なく体と気持ちで楽と言うことです」blog=http://ameblo.jp/yamasan-taiwan/

sml-02   桃園机場Mrt1-6sml-03Gate sml-04ImmigrationGatesml-05.jpgApt-TaoyuanHsrStsml-06TaoyuanSt

2017/02/25
平成29年2017年合気道鏡開に参加しました

台湾旅行現地通訳・ガイド派遣センター 運営の私=山崎です。ノックネームは ヤマサン です。今回二年ぶりに 1/7+8の二日間の時間を作り合気会本部の「鏡開」式典に出かけました。今回は 式典参加に絞り他所の挨拶は一切せず!=横浜・西口にある両親の墓参りもせず!の日程でした。ただ一点は初孫の一歳半用の折りたたみ式ベビーキャリーを娘が日本橋高島屋に発注したのでその品物の持ち帰りの要件だけは日程に組み込んだ次第でした。今年度の目標は台湾に於いて本部公認「合気道 道公認道場」の取得と来年に合気会認定六段の申請下準備の腹を決めて次第です。又、今年度九月から十月には第三回日台親睦合気道 合同稽古を開催する計画の推進もしております。まとめますと 下記の行事を進める年初の計画ですので 参加ご希望の方はご遠慮なく 当方に連絡をください。Em:yamasan@ms6.hinet.net /palapala0128@gmail.com 携帯0910-180-233  From:山崎 肇(手配)

①合気道=アメリカスクール 毎週木曜日+土曜日 と 市内道場= 晩8時~9時30分まで

②パラグライダー=タンデム=二人乗り飛行

③社交ダンス=ダンスホールが台北市内には沢山有ります

④吹き矢協会設立準備中=賛同者を募ります

⑤来台湾旅行=ハイキングコースのご案内 sml02 sml03 sml04 sml05 sml06 sml08 sml09 sml10 sml11

2017/01/20

私の一日の始まりは①ベツト上で柔軟体操②ダンベル筋肉ストレッチ③英語会話のヒヤリングと左手での字書き運動=頭の体操④今日のスケジュール書き出
し⑤家中掃除機とモップ掃除+洗濯⑥飼い猫二匹のトイレ掃除と水+食事の準備⑦神仏にお供えと読経=般若経典暗誦⑧7-11店に朝刊とビール購入⑨レス
トランで朝食と飲酒⑩家に戻り仕事スタート=随筆出版+旅行業の手配/その途中に家内の仕事場への交通機関に送迎で~す。これて皆自分の心身
の健康維持ではなく向上目的と考えてますのでべっだん苦になりませぇぇぇん、。毎週二回は市中の合気道道場に出稽古+木と土にはアメリカンスクール
での合気道教室指導+天気がよければ午前から昼間で自宅から65キロ東に一時間掛けてパラグイダー飛行に出かけます。来年度は台湾に初めての「吹き矢
クラブ」を設立の意気込みです。来台湾の折にはお声を掛けてください。
From:台湾旅行現地通訳・ガイド派遣センター http://taiwan-guide.biz/ \
携帯0910-180-233 From:山崎 肇(手配)

sml01sml02mymorrningtimebeersml03mymornningtimesml04book-01sml05-61kflt-01

  • 2016/11/11
  • 2016年11月より 日本からの来台湾客4組に1人は航空券無料のニュース

    台湾国内新聞=日本国内では未公開記事で 11月に日本から台湾にくる観光客様は4人組で1名は航空券無料のサービス開始の記事です。
    子細は日本国内の旅行代理店にどうぞ!
    freetwntour-sml

    2016/10/16
    格安団体ツアーバス事故多発

    新政府=台湾独立派に政権交代への中国=共産党=政府の嫌がらせで中国から台湾に観光に来るお客様の数が大激減。これまで中国客に期待して新築ホテル+大型観光バス+中国語ガイドの大増員を図った台湾観光業界は銀行借入金返済の目処の苦しさにさらされている。その一端が日本からの観光客=団体ツアーを少しでも獲得しようと値下げと必ずお土産店に案内するの競争中。その挙句が強行観光日程で大型バス運転手の疲労は極限の毎日。添付写真はバス事故による悲惨な状況記事の一端です。身内仲間の旅には団体でなく少し高くても安全で自由コースが出来る計画が宜しいかも、、、安物買いの 高値つかみ!=中国には昔から一品一値段の諺が有ります。意味は品物にはそれなりの値段があるので安物は品にそれ相当の手抜きがあるのが当たります!
    bus%e4%ba%8b%e6%95%8501-02

    bus%e4%ba%8b%e6%95%8502-02bus%e4%ba%8b%e6%95%8501-02

    2016/09/29
    歴史 IN 台湾=磯 永吉 博士

    歴史 IN 台湾=磯 永吉 博士

    磯永吉博士は 戦前の台湾において食料事情改良に貢献し一年に三回の稲米収穫を成功に導いた功績により終戦後の日本人移民者が日本本土に強制帰国となった中で台湾接収の国民党総統=蒋介石総統より請われ台湾在留を懇願、さらに、1957年71歳高齢を理由に帰国希望に対しその恩顧に報いる為に国民党政府は磯博士に毎年1200㌔の米を一生涯届けることにした。
    その磯博士の研究遺品道具が国立台湾大学(旧帝国大学)農芸系敷地内に展示小屋として保存されている。そこの遺品に目を着けた盗人=嫌犯=宋藍田=新聞写真が窃盗進入、古売業者に持ち込んだところを逮捕された。***誠に 人品卑しい 輩である***

    参考=米作りの貢献の他に台湾南部の嘉義には人口潅漑用水湖建設の八田与一技師がいた。
    八田 與一(現在の字体では八田 与一、はった よいち、1886年2月21日 – 1942年5月8日)は、日本の水利技術者。日本統治時代の台湾で、農業水利事業に大きな貢献をした人物として知られる。
    台湾には日本統治時代に台湾に残した近代化発展貢献の遺跡を称える歴史遺跡が沢山残されている。同じ統治地での韓国=朝鮮では日本帝国時代と触れただけで破壊してしまう民族とまったく対象的であることがなんとも言えぬ一こまである。EOM
    img711img710

    2016/09/15